【Mac用】おすすめメカニカルキーボードを中国から紹介してみる。定番モデルからマニアックなキーボードまで

Unsplash / Pixabay

Macを使っていてWindowsを羨ましく思う唯一のポイントがキーボードだ。Windowsに比べて何故こんなにも選択肢が乏しいのか。
使いやすいMac用のキーボードを求めて日本だけでなく中国の市場も調査してみた。
5つのメーカーが販売しているMac用もしくはMac兼用メカニカルキーボードを紹介しよう。

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac クリックタイプメカニカルキーボード 日本語配列 MAC用 USB ホワイト FK302-JP
歴史あるカナダのメーカー。過去のMac用のメカニカルキーボードを復刻している。
ALPS互換のキースイッチを採用。クリック感はチェリーの茶軸より軽いというレビューを見かける。Mac用メカニカルキーボードにおいては一番ラインナップが多く、JIS配列のキーボードも製造している。


Mac用のJIS配列メカニカルキーボードはMatiasとHHKBの2社しか製造していない模様。

US配列で問題なあればコンパクトキーボードの選択肢もある。
ラインナップは以下の通り。

静音タイプ

Bluetooth無線モデル

特殊キーボード

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac 日本語配列かな印字なし USBキーボード Mac専用モデル ホワイト PD-KB220MA

PFUのHappy Hacking Keyboard Lite2 for Mac。JIS配列とUS配列から選べる。
コンパクトでキー配列も慣れれば悪くない。ただし、いわゆるメカニカルキーボードとはタッチ感は違うことと、ドライバーのインストールが必須

中国でMacを使っている技術者はこれを使っている人が多い。

中国だとみんなの憧れは東プレではなくHHKB。特にサーバー系技術者に使用者が多い。
僕個人の意見を言えば方向キー無しは使いにくい。ひたすらコーディングする人、Linuxメインで使用している人なんかにはオススメ出来る。

余談だが、こういうアプリを使えば東プレもほぼ完全にMac配列に換装出来るとのこと。

参考WinKPro

ikbc Porker

ikbc 独Cherry軸採用 New Poker2 61キー メカニカルキーボード USB接続 日本語入力対応 (ホワイト, 赤軸)

台湾のVortexGearの子会社。2008年からメカニカルキーボードを製造している。何故日本でメジャーじゃないのか不思議だ。

関連ikbc

中国だとコスパとデザイン、拡張性の高さからメカニカルキーボードのジャンルではかなりメジャーなメーカー
チェリー軸を採用していて使用感はFilcoとなんら変わりない。
テクノ感溢れるバックライトも興味深い。
キースイッチの数が、フルキーボード, 104, 87, 61(Pokerシリーズ)と選択可能。
Macに対応しているのは頭文字がGから始まるモデルで、キーボード裏のスイッチだけでMacに対応可能。87-104はファンクションキーF1-12をMac用のショートカット(純正と同じ配列)に変更出来るとのこと。

日本で買えるラインナップはこんな感じ。

US配列のコンパクトキーボードでは一番のオススメだ。
FelicoやHHKBもコンパクトキーボードを出しているが、Felicoはスペースキーが小さく左右にFnキーが追加されていたり、HHKB Lite2は完全なメカニルではないので使い心地が良いとは言えない。
この点、ikbcのポーカーのキー配列は自然だし、右下のシフトキー周りを方向キーに変更して使用する事も可能だ。

Plum NiZ コンパクトキーボード

NiZ 静電容量無接点方式 35g荷重 コンパクト プログラマブル 84ボンド英語配列 PBT キーキャップ 多機能 キーボード ミニ USB 接続 EC84S

PlumもしくはNiZという名前でメカニカルキーボードを製造している中国メーカー。主にゲーミングキーボードを製造しているので耐久性には自信があるとのこと。
キーキャップ数は、108, 87, 84, 75。

日本で買えるPlumキーボードは二種類の模様。

このメーカーの面白いポイントは東プレの最高峰キーボードRealforceと同じ静電容量無接点を採用しており、キーキャップの荷重を35g-45gから選択して自分でカスタム可能という点だ。
中国だとRealforceの半分くらいの値段で買える。
キーキャップの作りは雑だが、使用感は東プレ並みの使いやすさ、多くのゲームカフェで試された耐久性で高評価を受けている。

Plum専門店の店主いわくWin版のソフトでキーボード配列を調整すれば完全にMac配列に対応出来るとのこと。

僕のオススメはキーキャップが75個のこのモデル。


コンパクトキーボードながらファンクションキーを完備している。
日本のAmazonで見当たらなかったのだが、このコンパクトキーボードのBluetooth4.0のモデルが存在する。
静電容量無接点で尚且つBluetooth接続可能なキーボードはこのメーカーだけだろう。
ちなみにFilcoのMinilaはBluetooth3.0対応。このNiZのキーボードは4.0対応。
遅延は皆無で凄く快適だというこんなレビューも。

関連NIZ RGB75蓝牙4.0静电容键盘工程机测试体验

タオバオに詳しければ、ここのショップがオススメ。ここの店主と何度か会話した事がある。

タオバオ上海酷蕾专业电竞外设

GH60ベースのカスタムキーボード

オープンソースのキーボードカスタマイズプログラムをベースに作製されたキーボード。

関連GH60

中国では幾つかの店舗がこのプログラミングをベースにカスタムキーボードを販売している。
GH60は簡単にキーボード配列を変更出来るし、基盤ををイジった事がある人なら簡単にキーボードの軸とLEDライトを変更可能だ。

僕のオススメはこのショップ。

タオバオKDBfans

英語&海外発送対応。僕も最近オーダーしてMac用にカスタムして使用中。
キーボード軸も、Gateron, チェリー, RAZERの緑軸から選択可能。LEDバックライトは13色から選択出来るし、細かいカスタムも対応してくれる。例えばリターンキー等小指周りは青軸、その他は黒軸とか。

まとめ

  • アプリのダウンロードも設定もしたくないけど、メカニカルキーボードが使いたいという人はMatiasのキーボード一択
  • JIS配列のコンパクトキーボードが欲しい人はHHKB Lite2
  • 最高級キーボードを使いたければ、WinKProを使って東プレRealforce
  • US配列のコンパクトキーボードであればIKBCのPoker

僕はGH60のカスタムキーボードで落ち着いている。調子はすこぶる好調だ。

この記事をシェア

AddOneCubitをフォロー

AddOneCubitをフォロー

  • follow us in feedly